LV Power Report

こちらではLinkman Audio製品に関する様々な情報をご紹介しております(随時更新)。

 

第6回:LV-2.0 Premium メニュー解説

menu1a

さまざまなメーカーから DAC(Digital to Analog Converter)チップが登場しています。どれも一緒のように思いますが、実はメーカーによって、チップによって特性が異なります。
LV-2.0 Premium は PCM1795 を採用しています。PCM1795 は設定によって特性が変わります。LV-2.0 Premium ではメニューで PCM1795 の設定を変更できます。設定を変更して聞き比べてみてはいかがでしょう。…

2015.03.09更新 記事内容はこちら

 

第5回:レコードプレーヤーのハム対策

report5_ham

フォノイコライザーアンプには必ずアース端子が付いています。通常は、ここにプレーヤーのアース端子を繋ぎます。繋がない場合、「ブーン」というハム音が出ます。しかし、繋ぐとハム音が出る場合も多々あります。
これは、昔のカートリッジに多いのですが、LchまたはRchのマイナス側がカートリッジのボディに接続されている場合に、そうなることがあります。…

2015.03.03更新 記事内容はこちら

 

第4回:ハイレゾとは?

lvpr_04_01

LV-2.0にはUSB-DACモジュールが用意されています。単体使用も可能なこのLV2-USBDACMは、DSD64,DSD128,PCM192KHzに対応しており、いわゆるハイレゾ対応DACです。
世間ではハイレゾだから音が良いと言われてますが、そもそもハイレゾは物理的に何が良いのか、またハイレゾの定義は何なのかをここにまとめてみました。…

2015.02.26更新 記事内容はこちら

 

第3回:LV2-PE-KIT MCヘッドアンプのSN比向上裏技

lv2-power-3

LV2-PE-KITは、おかげさまで第1ロットが完売しました。
完売御礼として、ここでは性能向上の裏技をご紹介いたします。
MCヘッドアンプはJFET1石のゼロバイアス方式を採用していますが、この方式は音質の良さと引き換えにJFETのIDSSのバラツキによってゲインが変わることから、本キットではJFETを4個付属し、2個を選別して使うように推奨されています。…

2015.01.13更新 記事内容はこちら

 

第2回:フォノイコライザアンプキット LV2-PE-KIT 第2ロット変更内容

lv2-power-2-1

LV2-PE-KITは、おかげさまで第1ロットが完売し、第2ロットを発売できることになりました。
そこで、昨年末に発売しました基板取付RCAピンジャック(LA-RCAJ-S)を取り付けられるように基板の方を改良しました。
このパーツは価格差が大きいのでオプション扱いになりますが、付属RCAピンジャックに比べ精度の高いこのピンジャックへの乗換は、嵌合精度の向上のみならず、音質向上に寄与します。…

2015.01.13更新 記事内容はこちら

 

第1回:フォノイコライザアンプキット LV2-PE-KIT 回路訂正

lv2-power-1

MCカートリッジヘッドフォンアンプ使用時にカートリッジ負荷抵抗(R3,R4)は、DIP14ピンソケットに挿入するようになっていますが、この抵抗は、本来、入力RCAピンジャック(J1,J2)にパラレルに取り付けなければいけません。
特に、オルトフォン系のカートリッジでは推奨負荷インピーダンスが低いので、回路図通りに製作してしまうと、R1とR3とでカートリッジ出力が分圧され、SN比の悪化を招きます。…

2015.01.13更新 記事内容はこちら